2019年4月23日(火)

アンドロイドのミナミちゃん、高島屋大阪店に 売り場で接客

2015/5/7付
保存
共有
印刷
その他

高島屋大阪店(大阪市)の紳士シャツ売り場に7日、大阪大学が研究を進めるアンドロイドの「ミナミちゃん」が登場した。「あなたにはこのシャツが似合いますよ」と話しかけられた客は、ミナミちゃんの目の前の椅子に座ってタッチパネルを操作。「会話」を基にミナミちゃんがお薦めの紳士シャツを提示する。接客対応は19日まで。

高島屋大阪店の男性用衣料売り場で接客する女性型ロボット「ミナミ」(7日午前、大阪市中央区)=共同

高島屋大阪店の男性用衣料売り場で接客する女性型ロボット「ミナミ」(7日午前、大阪市中央区)=共同

ミナミちゃんはまばたきをしたり口を動かしたりするしゃべるアンドロイド。接客時間は1人約10分で、利用料はかからない。会話の流れに合わせて複数の選択肢がタッチパネルに表示される。薦めるシャツは1万円台後半のシャツが中心だ。

例えば選んでくれたシャツが気に入ったと答えると、ミナミちゃんが喜んだり、買うかどうか「考える」とすると「そうですよね…高いですもんね」と悲しんだりする。本物の店員と会話しているような感覚が楽しめる。やや冷たくも見える表情が男心をくすぐるようだ。

ミナミちゃんはロボット研究で有名な阪大の石黒浩教授が開発を進める。大阪府出身の26歳女性、趣味は大阪の隠れた名所探しという設定。ミナミちゃんが店頭に登場するのは5回目。今後はより豊かな表情で直接、会話できるようなアンドロイドの開発をめざす。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報