/

任天堂、営業利益2倍の500億円 16年3月期

決算発表する任天堂の岩田社長(右)(7日午後、大阪市中央区)

任天堂は7日、2016年3月期の連結営業利益が前期比ほぼ2倍の500億円になりそうだと発表した。欧米で携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が伸びる。

売上高は前期比4%増の5700億円を見込む。据え置き型の「Wii U」の販売台数は前期並みの340万台を計画している。前期に計上した外貨建て資産の為替差益がなくなるため、純利益は16%減の350億円を見込む。

15年3月期の連結売上高は前の期比4%減の5497億円、営業損益は247億円の黒字(前の期は464億円の赤字)だった。国内を中心にWii Uのハードが苦戦する一方、好採算の3DSソフトの販売が好調で、4期ぶりに黒字となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン