トップ > 特集 > 関西発 > ビジネス > 記事

日本触媒、阪大に役員常駐の研究所 医薬新素材を開発
経営判断速める

2017/4/6 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西で産学連携の新しい動きが出てきた。日本触媒は新薬開発などを狙い4月から大阪大学内に設けた研究所に、役員を常駐させる。素材の合成技術と大学院の新素材を生産に応用する知見をあわせ、バイオ医薬品などに活用する新素材を生み出す。関西では医療分野などで企業と大学の共同研究が広まっており、大学の研究現場で素早い経営判断が生まれそうだ。

阪大の吹田キャンパス(大阪府吹田市)の大学院工学研究科の中に、「日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]