2017年11月21日(火)
トップ > 特集 > 関西発 > 軌跡 > 記事

関西発

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

11月6日の電子版のリニューアルに伴い、特集「関西発」は「地域」セクションに移りました。「関西発」のコンテンツは「地域」セクションの「関西」でご覧頂けます。

利他の心尊んだ近江商人 「五綿八社」の興亡(2)
軌跡

2017/9/12 17:00
保存
共有
印刷
その他

 「五綿八社」のルーツの一つ、近江商人は「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」で有名だ。現代の「企業の社会的責任」(CSR)を先取りしていたともいわれる。

日本各地を行商して回った近江商人(滋賀大学経済学部附属史料館所蔵)

 だが滋賀大学の宇佐美英機・特別招聘教授は「江戸時代に『三方よし』という言葉はなく、後世の解釈だ」と話す。広まったのは昭和の末期以降という。

 アパレルの小泉(大阪市)は「五綿八社」ではないが、近江商人の伝統を受け継ぐ老舗だ。武士だった小泉太兵衛が刀を捨て、麻布の行商を始めたのが1716年。昨年、創業300周年を迎えた。自らも滋賀県出身の植本勇会長は「高校を卒業して入社した頃には『三方よし』を聞かなかった」と振り返る。

 ただ言葉はなくても、顧客や地域社会を大切にする理念は近江商人に共通していたとみる。近江商人は旅先で商いをして各地に拠点を設ける。自らの利益しか考えない姿勢では地域に溶け込めない。諦めて帰郷すれば「失敗したとみられる」(植本氏)。不退転の決意が必要だった。

 「琵琶湖のアユは外に出て大きくなる」。滋賀県にはこんな言い伝えがある。琵琶湖では小さいが、川を上ると大きくなるアユを、他国での行商で鍛えられて成長する近江商人に重ね合わせている。

 伊藤忠商事丸紅の創業者である初代伊藤忠兵衛も「商売は菩薩(ぼさつ)の業」と語った。「商売道の尊さは、売り買い何れをも益し、世の不足をうずめ、御仏の心にかなうもの」と続けている。

 菩薩は悟りを開く一歩手前にいるが、自分のためだけに修行するのではなく、自利と利他をともに求める。初代は浄土真宗の熱心な信者でもあったという。信仰心に裏打ちされた理念が今も伝わる。

関西発をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

伊藤忠兵衛伊藤忠商事丸紅滋賀大学

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報