/

河合楽器とオンキヨー、資本業務提携 電子ピアノ開発などで

河合楽器製作所とオンキヨーは5日、資本業務提携すると発表した。11月下旬に、互いに第三者割当増資を実施し、約10億円ずつ投じて5~10%ずつを持ち合う。両社で電子ピアノの開発などを進め、高音質のハイレゾリューションなどに対応する電子ピアノの早期の投入を目指す。

オンキヨーは河合製作所の株式の5%(約45万株)、河合製作所はオンキヨーの株式の9.94%(約808万株)をそれぞれ取得する。相互に株を持ち合うことで関係を強め、研究開発や、事業所の相互利用でも連携する。

オンキヨーは車載向けなどが主力のBtoB(法人向け)分野で楽器関連の販路を開拓する方針。市場への浸透を進めるため、河合楽器製作所のノウハウを活用したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン