/

この記事は会員限定です

任天堂スイッチ「コントローラー2つが重要だった」

開発者に聞く

[有料会員限定]

任天堂は3日、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発売した。据え置き型機ながら持ち運べるといったコンセプトはどんな経緯で決まったのか。開発を担った任天堂の高橋伸也取締役と、小泉歓晃総合プロデューサーに話を聞いた。

――開発はいつごろ始まったのですか。

高橋氏「3年位前です」

――既にスマートフォン(スマホ)が普及していましたが、スイッチのコンセプトはどのように決めていったのですか。

高橋氏「ゲームを遊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン