2019年7月21日(日)

大阪万博を誘致、正式に立候補 来年11月に決定

2017/9/26 1:57
保存
共有
印刷
その他

【パリ=共同】「いのち輝く未来社会のデザイン」を基本テーマに、大阪への2025年国際博覧会(万博)誘致を目指す日本政府は25日、計画をまとめた正式な立候補申請文書をフランス・パリの博覧会国際事務局(BIE)に提出した。パリの近郊サクレー、ロシア中部のエカテリンブルク、アゼルバイジャンの首都バクーも立候補を表明しており、激しい誘致合戦が本格化する。

木寺昌人駐フランス大使が詳細な開催計画や会場予想図、関西の名所などの画像も盛り込んだ約400ページの文書などをBIEのケルケンツェス事務局次長に手渡した。

BIEは28日に正式な立候補申請文書の提出を締め切り、11月と来年6月の立候補国プレゼンテーション、調査団の訪問審査などを経て、来年11月のBIE総会で投票により開催国を決定する。

大阪万博は人工島「夢洲」(大阪市此花区)内の155ヘクタールを会場とし、屋根付きの大広場や参加国、企業などのパビリオンを多数設置。現実の空間の一部に仮想空間を重ね合わせる拡張現実(AR)などの最新技術を活用する。会場建設費は約1250億円とし、世界から2800万人の来場を見込む。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。