石綿苦しみ消えず 尼崎・クボタ工場被害発覚10年

2015/6/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大手機械メーカー「クボタ」の旧神崎工場(兵庫県尼崎市)周辺で石綿が原因とみられる健康被害が明らかになった「クボタショック」から29日で丸10年。アスベスト(石綿)の使用が全面禁止になり、周辺住民などを救済する国の制度ができるなど対策は進んだ。だが"静かな時限爆弾"を抱える患者は今なお苦しみ、亡くなる人も後を絶たない。支援者らは「被害は終わっていない」と訴える。

「風呂に入るだけでも息苦しい」。尼…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]