2019年6月25日(火)
トップ > 特集 > 関西発 > 社会 > 記事

関西発

フォローする

11月6日の電子版のリニューアルに伴い、特集「関西発」は「地域」セクションに移りました。「関西発」のコンテンツは「地域」セクションの「関西」でご覧頂けます。

25年大阪万博会場の構想案を公表 経産省、幾何学模様3エリア

2017/9/22 16:02
保存
共有
印刷
その他

経済産業省は22日、大阪府・市などと2025年国際博覧会(万博)の大阪開催に向けた連絡会議を開き、万博の基本構想案を公表した。155ヘクタールの会場をパビリオンが集まるエリアと水辺、緑地帯の3カ所に分けて構成。上空から見下ろすと、会場が幾何学模様になるようデザインした。

大阪市此花区の人工島「夢洲」で計画されている万博会場は上空から眺めると幾何学模様に見える

構想案は25日に博覧会国際事務局(BIE)に提出。11月のBIE総会で開かれる初のプレゼンテーションの柱となる。

25年万博には、フランスやロシア、アゼルバイジャンも立候補。開催地は来年11月のBIE総会で加盟170カ国(今年6月現在)の投票により決まる。4カ国による誘致合戦が今後、一段と本格化しそうだ。

「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとした万博の構想案では、会場予定地の人工島「夢洲」(大阪市此花区)を3つのエリアに分けた。

各国のパビリオンが集まる「パビリオンワールド」を設けるほか、南側の水面には桟橋をかけ、水辺にホテルなどを建てる「ウオーターワールド」を置く。西側は緑地帯「グリーンワールド」とし、来場者の憩いの場やイベント会場に充てる。

各パビリオンは、いずれも屋根を多角形とし、世界の調和を演出する狙いから、大陸などで分けず不規則に配置。パビリオンの周囲には5カ所の広場「空(くう)」をつくり、仮想現実(VR)などを活用した展示や企画を楽しめるようにする。広場の屋根には大きな穴が開き、見上げて上空が眺められる造りとした。

開催期間は5月3日~11月3日の185日間を予定。166の国や機関の参加を想定し、来場者は2800万人を見込む。直接訪れない人も楽しめるよう、インターネット上に仮想の会場もつくる。

関西発をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報