/

大阪市議会、議長選び難航 住民投票後初22日開会

4月の大阪市議選と、今月17日の「大阪都構想」の住民投票後、初となる大阪市議会(5月定例議会)が22日開会する。各会派は21日、議長ポストの調整を続けたが、最大会派の大阪維新の会と第2会派の自民党がそれぞれ獲得へ意欲を示し、結論は出なかった。

議長は最大会派から選出するのが通例。維新は「市議選で市民の負託を受けた」(大内啓治幹事長)とするのに対し、自民も「(維新代表の)橋下徹市長の任期中は何がどう転ぶかわからない」(柳本顕幹事長)として議会運営の主導権を握りたい考えだ。

両会派ともに過半数を持たず、他会派の協力が必要。第3会派の公明党は維新と自民の候補者一本化を求め、21日は共産党会派も交えて調整したが結論は出なかった。

5月議会は都構想の協定書を議論してきた法定協議会の廃止議案や、2015年度補正予算案などを審議する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン