/

この記事は会員限定です

JR尼崎脱線事故、現場保存に遺族ら賛否

[有料会員限定]

乗客ら107人が死亡したJR福知山線脱線事故で、JR西日本が現場マンションの保存計画を決定した。来月25日で発生から10年。手付かずだったマンションの一部が保存され、2018年度には慰霊の場が整備されることになる。遺族らからは「けじめがつく」と評価の声がある一方、今も「あるがまま残すべきだ」と反対意見も残る。

計画では9階建てマンションの4階までを階段状に残して屋根で覆い、広場に慰霊碑などを置く。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン