JR尼崎脱線事故、現場保存に遺族ら賛否

2015/3/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

乗客ら107人が死亡したJR福知山線脱線事故で、JR西日本が現場マンションの保存計画を決定した。来月25日で発生から10年。手付かずだったマンションの一部が保存され、2018年度には慰霊の場が整備されることになる。遺族らからは「けじめがつく」と評価の声がある一方、今も「あるがまま残すべきだ」と反対意見も残る。

計画では9階建てマンションの4階までを階段状に残して屋根で覆い、広場に慰霊碑などを置く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]