トップ > 特集 > Q&A > 記事

大阪都構想、住民投票は自書式 空欄に「賛成」「反対」

2015/3/21 2:06
保存
共有
印刷
その他

大阪市選挙管理委員会は20日の会議で、市を分割して大阪府と再編する「大阪都構想」の是非を問う市民対象の住民投票(5月17日投開票)の投票用紙を、有権者が空欄に「賛成」または「反対」と書き込む「自書式」とすることを決めた。

文字の代わりに「○」や「×」と記入した場合に無効票とするかどうかについて、市選管は今後検討するとしている。

都構想の協定書(構想案)を、選管事務局や各区役所などで閲覧できるようにすることも決定。看板設置や新聞折り込みビラなどの啓発活動の実施も決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ

電子版トップ特集トップ