/

この記事は会員限定です

元気なシニア、地域に活力 保育園児の世話に家事代行に

[有料会員限定]

元気なシルバー世代が地域に貢献しようとする動きが活発だ。保育所で子供たちの面倒を見たり、一人暮らしの人の家事を代行したり。退職後も働き続けたいと願う高齢者は増えており、専門家は「地元を支える力として、お年寄りの意欲を生かす仕組みづくりを社会で進めてほしい」と指摘する。

「思い切って投げてごらん」。9月中旬、神戸市中央区の保育所「はーもにぃ」。併設するデイサービス施設「ハッピーハウス」を利用する松村...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン