/

この記事は会員限定です

無職の再犯率、有職者の3倍 受け入れ態勢が課題に

[有料会員限定]

警察庁によると、刑法犯の認知件数は2003年から減少傾向が続く一方、検挙された人のうち再犯者が占める割合は増加しており、15年に48%に達した。法務省の調査によると無職の人の再犯率は26%で有職者(8%)の約3倍に上る。同省は「就職支援が再犯防止対策の柱になり得る」としている。

しかし出所者の就職状況は厳しく、15年度は就職を希望した3907人のうち、出所前に就職先が決まっていたのは356人(9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン