大阪都構想、反対多数が確実 橋下氏の求心力低下へ

2015/5/17付
保存
共有
印刷
その他

大阪市で17日、市を廃止して5つの特別区に分割する「大阪都構想」の是非を問う住民投票が行われ、即日開票の結果、反対が賛成を上回ることが確実になった。都構想は否決され、廃案になる。構想を推進した橋下徹大阪市長(維新の党最高顧問)の求心力低下は避けられず、影響が野党再編の行方など中央政界にも及ぶのは確実だ。

橋下氏は住民投票の運動期間中、反対多数になれば「(今年12月の市長任期満了後に)政治家を引退…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]