/

強姦事件で再審無罪 大阪地裁「女性らの供述は虚偽」

強姦罪などで懲役12年の判決を受け服役中、被害者とされた女性の証言が虚偽と判明して釈放された大阪府内の70代男性の再審判決公判で16日、大阪地裁(芦高源裁判長)は「(当時の)女性らの供述は虚偽であり、信用できないことは明らか」として男性に無罪を言い渡した。大阪地検は同日、控訴する権利(上訴権)を放棄し、無罪が確定した。

判決によると、男性は2008年、自宅で10代の女性に性的暴行を加えたなどとして強姦や強制わいせつの罪で逮捕・起訴された。男性は一貫して無罪を主張したが、一審・大阪地裁は女性の被害証言などを根拠に懲役12年を言い渡し、二審・大阪高裁も支持。11年に最高裁が上告を棄却して刑が確定していた。

ところが、昨年5月に女性が証言は虚偽だったと告白し、男性側は同9月に大阪地裁に再審を請求。大阪地検も同11月、男性の刑の執行を停止して身柄を釈放し、今年2月に再審開始決定が出ていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン