2019年4月26日(金)

「持ち帰り残業で自殺」 講師の両親が英会話学校を提訴

2015/9/15付
保存
共有
印刷
その他

英会話学校講師だった女性(当時22)がうつ病を発症して自殺したのは自宅での長時間の「持ち帰り残業」が原因として、大阪府内に住む女性の両親が14日、運営会社「アミティー」(岡山市北区)に計約9100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

訴状によると、女性は大学卒業後の2011年3月、入社。金沢市内の教室に配属され、同年6月に自宅マンションから飛び降り自殺した。

女性は入社直後から教材作りなど自宅で長時間労働を強いられ、死亡前2カ月間の時間外労働は月平均114時間に達したと主張。上司からの度重なる叱責も加わり、強い心理的負担からうつ病を発症したとしている。

女性の自殺については、金沢労働基準監督署が昨年5月、長時間の持ち帰り残業などが原因として労災認定した。

アミティーは「訴状が届いておらずコメントできない」としている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報