/

この記事は会員限定です

大阪の候補者、北風のなか声振り絞る 衆院選14日投開票

[有料会員限定]

突然の解散による短期決戦となった師走の衆院選は13日、12日間の論戦に幕を閉じた。経済政策「アベノミクス」への評価などが問われた選挙戦。大阪府内の候補者は冷たい北風の中、街中を駆け、声を振り絞って支持を訴えた。耳を傾けた有権者は「実感できる好景気を」「生活に身近な問題に目を向けて」とそれぞれの思いを口にした。

4人が立候補し、接戦が続く大阪10区。民主党前職の辻元清美氏(54)は午後7時45分、J...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン