徳島県警が誤認逮捕 アイドルチケット巡る詐欺事件

2017/9/11 13:15 (2017/9/11 21:53更新)
保存
共有
印刷
その他

ツイッターで人気アイドルグループのコンサートチケットを売るとうそをつき、現金をだまし取ったとして、徳島県警が5月に詐欺容疑で逮捕した愛知県豊田市の専門学校生の女性(21)について、徳島県警は11日、誤認逮捕だったと明らかにした。女性は容疑を否認しており、19日間勾留された後、処分保留で釈放されていた。

県警三好署は客観的な証拠が乏しいまま逮捕に踏み切ったと認め、西岡寿典署長が「多大な迷惑をお掛けした。成り済ましの可能性は考慮しておらず、捜査に慎重さを欠いた」と謝罪。同日、女性に成り済ましていたとして、詐欺容疑で京都市の中学3年の女子生徒(15)を書類送検した。容疑を認めている。

三好署によると、女子中学生はツイッターで知り合った女性と8万円でチケットを購入する約束をし、女性の名前や口座番号などを入手したとみられる。同時期に自身が開設したアカウントに「チケットを譲ります」と投稿。連絡してきた徳島県内の女子高校生ら2人と、女性の個人情報を利用して成り済まし、売買契約をして女性名義の口座に4万円ずつ計8万円を振り込むよう指示したという。

女子中学生はチケット販売サイトに女性名義でチケットを出品。落札した別の人物からサイトを通じて約6万円を受け取り、女性にはこの人物宛てにチケットを送らせたという。女性は代金の8万円が入金されたため、疑問に思わなかったとみられる。チケットが届かなかった女子高校生が署に相談して発覚。成り済ましに使われたアカウントは削除されていた。

女性が釈放後、郵便局から取り寄せたチケット配送記録の控えを徳島地検に提出して誤認逮捕が判明。女性側は「憤りを感じている。今後、こうしたことのないようにしてほしい」と話しているという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]