/

大阪府、咲洲庁舎でホテル 空きスペース活用し18年8月開業

大阪府は9日、大阪市住之江区の府咲洲庁舎の空きスペースを活用し、2018年8月にホテルを開業すると発表した。ホテルを経営する自転車販売会社などが運営主体となる。府が事業者の入居を募集していた7階から17階の全フロアを客室などとして使用する予定。

ホテル名は「さきしまコスモタワーホテル(仮称)」とし、客室数は378室で定員は750人余り。中国などアジアからの訪日客の利用を見込む。

18年2月に改装工事を始め、同年8月から20年2月にかけて順次開業する。ホテル入居により咲洲庁舎の稼働率は8割強に高まるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン