/

大阪万博誘致、ASEANにPR 松井府知事ら

2025年に大阪で開催を目指す国際博覧会(万博)の誘致委員会は8日、大阪市内で東南アジア諸国連合(ASEAN)との会合を開き、大阪の文化や万博の構想をPRした。会長代行の松井一郎・大阪府知事は「万博は国と国との交流拡大や新たなビジネスチャンスが生まれるビッグイベント。支援をお願いしたい」と要請した。

誘致委は同市内で政府が8日開いたASEAN経済閣僚会合に合わせて昼食会を主催した。ASEANの協力を得て各国の支持拡大に弾みをつけたい考えだ。

万博開催を巡ってはすでにフランスが立候補しており、18年11月の博覧会国際事務局(BIE)総会で加盟国の投票により決まる。同じく会長代行の関西経済連合会の森詳介会長も「どの国よりも優れた提案をする自信がある」と述べた。

ASEANのレ・ルオンミン事務総長は閣僚会合後の記者会見で、「(万博誘致について)我々も支援させていただきたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。各国閣僚らとの個別会談で支持を要請した世耕弘成経済産業相も「手応えがあったと思う」と振り返った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン