/

この記事は会員限定です

匿名化ソフトで発信元隠す 海賊版誘導サイトの著作権法違反事件

[有料会員限定]

漫画や書籍の海賊版サイトに利用者を誘導するリーチサイトをめぐり、著作権法違反容疑で家宅捜索を受けた運営グループが、匿名化ソフトを使ってサイトを運営していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警や福岡県警などの合同捜査本部は発信元を隠すためだったとみて調べている。

7月に捜査本部の家宅捜索を受けたのは「紅籍会」と称するグループの関係先。国内最大規模とされる「はるか夢の址(あと)」など複...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません