/

この記事は会員限定です

5特別区、区割りの基準は?

財政格差抑える、人口30万人以上

[有料会員限定]

12日投開票の大阪府議選・大阪市議選で最大の争点とされる「大阪都構想」。5月17日の市民対象の住民投票で問われるのは「市を廃止し5特別区を設置する」ことの賛否だ。特別区の区割り案決定の経緯をまとめた。

 Q 住民投票で賛成多数になった場合は。

A 2017年4月1日に大阪市はなくなり、北、湾岸、東、南、中央の5つの特別区になる。従来の24行政区は市の内部組織だが、特別区は市町村と並ぶ「基礎自治体」だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン