/

マーティン・パール氏が死去 ノーベル賞受賞の米物理学者

マーティン・パール氏(米物理学者、ノーベル物理学賞受賞者)9月30日、米カリフォルニア州パロアルトの病院で死去、87歳。所属していたスタンフォード大などが明らかにした。

電子、ミュー粒子に続く第3世代の荷電レプトン(素粒子の一種)であるタウ粒子を加速器実験で見つけ、第3世代素粒子の最初の発見となった。1995年、レプトン物理学への先駆的な実験上の貢献が評価され、故フレデリック・ライネス氏と共にノーベル物理学賞を受賞した。(ロサンゼルス=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン