/

大阪府内の特殊詐欺、最悪の419件 1~4月

大阪府警捜査2課は2日までに、府内で1~4月に起きた特殊詐欺の認知件数は419件で、昨年同期から倍増し、過去最悪だったと発表した。被害総額は約10億2千万円。年間被害額が過去最悪だった昨年の同期より約7500万円多かった。

特に、医療費や保険料が返ってくると偽って被害者にATMを操作させ、逆に金を振り込ませる「還付金詐欺」が212件と、昨年同期の36件から大幅に増加。被害額も約6.4倍となる約2億1千万円に上った。

被害者は高齢者が多く、同課は「ATMでお金が返ってくることはない。被害に遭わないよう気をつけてほしい」と呼びかけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン