NY債券、長期債が続伸 10年債利回り1.79% FOMC後に伸び悩む

2019/9/19 6:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】18日のニューヨーク債券市場では長期債相場が小幅に3日続伸した。長期金利の指標である表面利率1.625%の10年物国債利回りは前日比0.01%低い(価格は高い)1.79%で終えた。短期金利上昇を抑えるため、米連邦準備理事会(FRB)が保有資産の拡大を容認するとの思惑が浮上。長期金利は前週までに大幅に上昇していた反動もあり、買いが先行した。ただ、米連邦公開市場委員会(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]