/

この記事は会員限定です

NY債券、長期債横ばい 10年債利回り0.90% 売り先行後に買い直し

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=張間正義】16日のニューヨーク債券市場で長期債相場は横ばい。長期金利の指標である表面利率0.625%の10年物国債利回りは前週末と同じ0.90%で終えた。米バイオ製薬のモデルナの発表から米経済の正常化観測が高まり、売りが先行した。一方、景気減速を示唆する米経済統計の発表もあり、次第に下げ渋った。

モデルナは16日早朝、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験で高い有効性が示された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン