/

この記事は会員限定です

NY債券、長期債下落 10年債利回り2.18%、米指標改善受け

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】13日のニューヨーク債券市場で長期債相場は下落した。この日から長期金利の指標となった表面利率2.000%の10年物国債利回りは前日比0.05%高い(価格は安い)2.18%で終えた。7月の米小売売上高などの経済指標が改善し、米国債の売りを促した。中国の通貨切り下げへの警戒が和らいだことも債券の売りを誘った。

7月の小売売上高は前月比0.6%増と市場予想とほぼ一致した。た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン