/

この記事は会員限定です

NY債券、続伸 10年債利回り0.82% 景気懸念や政策運営の不透明感で

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=横内理恵】20日のニューヨーク債券市場で長期債相場は小幅に続伸した。長期金利の指標である表面利率0.875%の10年物国債利回りは前日比0.01%低い(価格は高い)0.82%で終えた。新型コロナウイルスのまん延を受けた行動規制強化で短期的に米景気が落ち込むとの見方から債券が買われた。一方、週末を控え持ち高調整の売りも出て、伸び悩んで終えた。

米国では1日当たりの新型コロナの新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン