2018年11月19日(月)

11/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「ソニー村」から「五反田バレー」に[有料会員限定]
  2. 2位: 小粒になった日本企業 長寿でも新陳代謝鈍く[有料会員限定]
  3. 3位: 東証データに透ける外国人の東芝買い 自社株買い狙い撃ち[有料会員限定]
  4. 4位: アップル弱気相場入り、崩れる投資の成功方程式[有料会員限定]
  5. 5位: 半導体装置、業績踊り場 米中摩擦・投資遅延が重荷[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

為替概況

ロンドン外為9日 円横ばい ポンドは大幅続落

2018/11/10 1:35
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】9日のロンドン外国為替市場で円相場は横ばいだった。英国時間16時時点では、前日の同時点とほぼ同水準の1ドル=113円70~80銭だった。8日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明から12月の追加利上げの観測が強まり、ドルが主要通貨に対して買われた。円も日中を通して小幅の安値圏で小動きが続いたが、午後に下げ渋った。

円の対ユーロ相場は上昇した。同90銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円10~20銭だった。対ドルでのユーロ安にともない、対円でもユーロが売られた。

ユーロは対ドルで続落した。同16時時点に比べ0.0070ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1350~60ドルだった。

英ポンドは対ドルで大幅続落した。同0.0100ドルのポンド安・ドル高の1ポンド=1.3020~30ドルだった。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる交渉について、早期に妥結するとの楽観的見方が弱まっていることもポンド売りにつながった。午前に発表された7~9月期の英国内総生産(GDP)の速報値は前期比で0.6%増加した。市場予想に一致し、相場への影響は限られた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム