10/15 6:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,798.87 +246.89
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

10月11日(金)14:20

首都圏のJR在来線 あす午後1時ごろまでに運休[映像あり]

気象庁 台風19号「狩野川台風に匹敵の可能性」

10月11日(金)13:00

[PR]

為替概況

ロンドン外為18日 円など小動き FOMC控え様子見

2019/9/19 0:33
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】18日のロンドン外国為替市場で円相場は小幅続落した。英国時間16時の時点では、前日の同時点と比べて10銭円安・ドル高の1ドル=108円20~30銭だった。

英国時間18日の夕方に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の会見を控えて為替市場全体に様子見姿勢が広がり、日中を通して方向感に欠ける値動きだった。

円の対ユーロ相場も小幅続落した。10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=119円60~70銭だった。

ユーロは対ドルで小幅続伸した。前日16時の時点に比べ0.0020ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1060~70ドルだった。

英ポンドは対ドルで小反落した。0.0010ドルのポンド安・ドル高の1ポンド=1.2470~80ドルだった。

朝方に発表になった8月の英消費者物価指数の低下を受けてポンド売りがやや優勢になった。18日の欧州会議で、英国の欧州連合(EU)離脱についてユンケル欧州委員長が「合意なき離脱」の可能性は高いと警告したが相場の影響は薄かった。

スイスフランは対ドルで小幅続落し、1ドル=0.9950~60スイスフランだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム