11/18 11:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,379.22 +75.90
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,370 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

為替概況

ロンドン外為17日 主要通貨でポンド上昇 EU離脱合意を好感

2019/10/18 0:52
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】17日のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで3日続伸した。英国時間16時の時点では、前日の同時点と比べて0.0030ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.2830~40ドルだった。

英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、同日午前にEUと英国は修正案で合意した。合意報道を好感してポンドは急伸し、一時1.2981ドル近辺と5月13日以来、約5カ月ぶりのポンド高・ドル安水準を付けた。ただ買い一巡後は、19日に予定されている英議会で新協定案が承認されることについて懐疑的な見方が広がりポンド買いの勢いは鈍った。

ポンドは対円、対ユーロでも急伸し、対円で一時1ポンド=141円台半ば、対ユーロでは一時1ユーロ=0.8581ポンド付近と、そろって約5カ月ぶりの高値を付けた。

対ドルで円相場は3日ぶりに反発した。20銭円高・ドル安の1ドル=108円60~70銭だった。対円などでポンドが急伸した局面では、一時108円94銭付近と8月1日以来、約2カ月半ぶりの円安水準まで円売りが進んだ。しかし午後に発表された米国の9月の住宅着工件数と鉱工業生産指数がともに低下し、市場予想も下回ったことから徐々に円買い・ドル売りが優勢になった。

円の対ユーロ相場は3日続落した。50銭円安・ユーロ高の1ユーロ=120円70~80銭だった。

対ドルでのユーロ高がユーロ買い・円売りに波及した。午前に一時121円33銭程度と7月30日以来、約2カ月半ぶりのユーロ高・円安水準を付けた。

ユーロは対ドルで3日続伸した。0.0060ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1110~20ドルだった。合意報道を受けてユーロ買いが強まり、1.10ドル台から水準を引き上げた。一時1.1140ドル付近と8月下旬以来、約2カ月ぶりのユーロ高・ドル安水準を付けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム