最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,798.87 +246.89
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

10月11日(金)14:20

首都圏のJR在来線 あす午後1時ごろまでに運休[映像あり]

気象庁 台風19号「狩野川台風に匹敵の可能性」

10月11日(金)13:00

[PR]

為替概況

ロンドン外為16日 対ドルでポンド反落 円は横ばい

2019/9/17 1:01
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】16日のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで反落した。英国時間16時時点では、前週末の同時点と比べて0.0040ドルのポンド安・ドル高の1ポンド=1.2410~20ドルだった。

昼すぎに一時ポンド高・ドル安に振れる場面があったものの、その後はポンド売り圧力が強まった。

英国の欧州連合(EU)からの離脱問題をめぐり、16日にジョンソン英首相とEUのユンケル欧州委員長はルクセンブルクで会談した。ジョンソン氏はEUとの合意を模索するとしながらも10月末の期日までに離脱を果たすと改めて強調したことなどから、合意なき離脱の可能性への懸念が再燃し、ポンド売りにつながった。

対ドルで円相場は横ばいだった。前週末と同水準の1ドル=108円ちょうど~10銭だった。午前は円買い・ドル売りが優勢だったが、午後に入り伸び悩んだ。

米中の副官レベルでの貿易交渉が今週末に再開されるもようとのロイター通信の報道が材料になったようだ。交渉進展の期待からユーロなどに対してもドル買いが強まった。

円の対ユーロ相場は3営業日ぶりに反発した。1円円高・ユーロ安の1ユーロ=118円70~80銭だった。対ドルでのユーロ売りが波及し、午後にかけて円は上げ幅を広げた。

ユーロは対ドルで3営業日ぶりに反落した。前週末16時時点に比べ0.0090ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.0990~1000ドルだった。

スイスフランも対ドルで3営業日ぶりに反落した。0.0050スイスフランのフラン安・ドル高の1ドル=0.9920~30スイスフランだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム