2018年6月22日(金)

6/22 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 反落、米景気に警戒感 13週平均が下支え
  3. 3位: 弱気相場入りした上海株 貿易摩擦懸念、IPO熱気冷め[有料会員限定]
  4. 4位: 株、割安放置 ちぐはぐ相場に隠された下落リスク[有料会員限定]
  5. 5位: 投資破綻リスク、中国人投資家の甘え[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

為替概況

ロンドン外為12日 円は対ドルで横ばい ポンドは下落

2017/10/13 0:31
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】12日のロンドン外国為替市場で円相場は横ばいだった。英国時間16時時点では、11日の同時点と同水準の1ドル=112円20~30銭だった。

 目立った取引材料に乏しく、日中を通して方向感の出にくい値動きで推移した。午後に米週間新規失業保険申請件数の減少を受けて一時112円40銭台まで円が下げる場面があった。

 円の対ユーロ相場は小幅続落した。同10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=133円ちょうど~10銭だった。

 ユーロは対ドルで横ばいだった。前日と同水準の1ユーロ=1.1840~50ドルだった。ユーロは終盤に一時1.1820ドル台まで下げる場面があったが、その後やや買い戻された。

 英ポンドは対ドルで続落した。同0.0020ドルポンド安・ドル高の1ポンド=1.3160~70ドルだった。ポンド買い・ドル売りが優勢でロンドン市場に入った後、午前遅くに欧州連合(EU)離脱交渉の先行き不透明感を警戒したポンド売りが強まり、下落に転じた。5回目のEU離脱交渉会合の会見でEUのバルニエ主席交渉官が「交渉は行き詰まっている」などと発言した。

 ポンドは対ユーロでも下落し、1ユーロ=0.8990~9000ポンド程度で取引された。

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム