11/17 17:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

為替概況

ロンドン外為21日 ポンド続伸 EU離脱懸念が後退し

2019/10/22 0:47
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】21日のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで5日続伸した。英国時間16時時点では、前週末の同時点と比べて0.0090ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.2980~90ドルだった。

英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、市場では新離脱案の関連法案が早期に成立するか、あるいは離脱期限が延期されるとの見方が広がり、いずれにしても「合意なき離脱」の可能性は回避されそうだとの期待から主要通貨に対してポンド買いが優勢だった。一時1.3006ドル付近と、5月中旬以来、約5カ月ぶりのポンド高水準を付けた。

英政府は21日午後、19日に先送りとなった新離脱案の採決を改めて議会に提案したが、下院のバーコウ議長は事態が変わっていないとして却下した。

ポンドはユーロと対円でも高値圏で推移した。対円では1ポンド=140円後半、対ユーロでは1ユーロ=0.8580~90ポンド程度だった。

ユーロも対ドルで小幅ながら5日続伸した。前週末の16時時点に比べ0.0010ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1140~50ドルだった。

対ドルでのポンド高に連動してユーロも上昇し、午前に一時1.1180ドル付近と8月中旬以来、約2カ月ぶりのユーロ高・ドル安水準を付けた。

円の対ユーロ相場は5日続落した。10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=120円90銭~121円程度だった。一時121円46銭付近と7月中旬以来、約3カ月ぶりの円安・ユーロ高水準を付けた。

対ドルで円相場は横ばいだった。1ドル=108円50~60銭だった。

積極的な取引材料に乏しく値動きは限定的だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム