最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

為替概況

ロンドン外為11日 ポンド急伸 ブレグジット党党首発言受け

2019/11/12 1:38
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】11日のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで急伸した。英国時間16時時点では、前週末の同時点と比べて0.0080ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.2870~80ドルだった。

英総選挙で早期の欧州連合(EU)からの離脱を掲げるブレグジット党のファラージ党首の発言をきっかけに、正午ころに主要通貨でポンドは一段となった。

同氏は2017年の前回の総選挙で与党・保守党が勝利した300あまりの選挙区には対立候補を擁立しない方針を示した。保守党優位の追い風になることでEU離脱をめぐる先行き不透明感が和らぐとの見方がポンド買いにつながった。

ポンドは対円、対ユーロでも一段高となり、対円で1ポンド=140円台前半と139円台から水準を切り上げた。対ユーロでは1ユーロ=0.8570~80ポンド程度と5月上旬以来、約半年ぶりのポンド高・ユーロ安水準だった。

円の対ドル相場は小幅続伸した。10銭円高・ドル安の1ドル=109円ちょうど~10銭だった。

米市場が祝日で休場となるなか、ドル・円相場の動きは限定的だった。

円の対ユーロ相場は小幅反落した。10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=120円30~40銭だった。

ユーロは対ドルで小幅ながら3営業日ぶりに反発した。前週末16時時点に比べ0.0010ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1030~40ドルだった。

対ドルでのポンド買いがユーロ相場を押し上げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム