2019年1月21日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,666.07 +263.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,630 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

1月18日(金)14:20

年金額0.1%増に抑制 マクロ経済スライド発動[映像あり]

統計不適切調査による予算修正案を閣議決定

1月18日(金)13:00

[PR]

為替概況

ロンドン外為11日 ポンド、続伸 ユーロは反落

2019/1/12 1:36
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】11日のロンドン外国為替市場で、英ポンドは対ドルで続伸した。英国時間16時時点では、前日10日の同時点と比べて0.0050ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.2820~30ドルと日中の高値水準だった。

ポンド売り・ドル買いが優勢で始まったあと、英国の欧州連合(EU)離脱期限をめぐる一部英紙の報道をきっかけにポンドが一段高となった。

複数の閣僚が、移民法案などの法令化が間に合わず3月末のEU離脱期限が延期される可能性が強い、との見方を示したとイブニング・スタンダード紙が報じた。これを受けてポンド買いが強まり、一時1.28ドル台半ばまで上昇した。報道前は1.27ドル台前半で推移していた。ポンドは対円でも上昇した。同70銭円安・ポンド高の1ポンド=138円90銭~140円程度だった。

ユーロは対ドルで3日ぶりに反落した。前日16時時点に比べ0.0050ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1470~80ドルだった。

午前は1.15ドル台前半で小幅な値動きで推移していた。午後にかけてユーロ売りが強まり、1.14ドル台に水準を引き下げた。週末を控え、持ち高調整などのユーロ売り・ドル買いが出たようだ。

円の対ユーロ相場は3日ぶりに反発した。同20銭円高・ユーロ安の1ユーロ=124円40~50銭だった。

ドルの円相場は続落した。20銭円安・ドル高の1ドル=108円40~50銭だった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム