最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

為替概況

ロンドン外為10日 ポンドは小幅続伸 ユーロは続伸

2019/12/11 1:33
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】10日のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで小幅に続伸した。英国時間16時の時点では、前日の同時点と比べて0.0010ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.3160~70ドルだった。午前に一時は1.3190ドル付近と4月上旬以来、約8カ月ぶりのポンド高水準をつけた。

12日に投開票の英総選挙で保守党が勝利するとの観測から、ポンド買いが優勢だった。朝方に発表された10月の英月次国内総生産(GDP)は軟調だったが、相場への影響は限られた。

ユーロも対ドルで続伸した。前日の16時時点に比べ0.0020ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1080~90ドルだった。

欧州経済研究センター(ZEW)が朝方に発表した12月のドイツ景気予測指数は改善し、市場予想も上回った。これを受けて、ユーロ買いがやや優勢だったが、米政府による対中制裁関税の発動期限や英総選挙、米連邦公開市場委員会(FOMC)、欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、値動きは限定的だった。

円は対ドルで4営業日ぶりに反落した。前日の16時時点と比べて20銭円安・ドル高の1ドル=108円70~80銭だった。重要なイベントを控え、積極的な取引は控えられた。

円の対ユーロ相場は続落した。同30銭円安・ユーロ高の1ユーロ=120円50~60銭だった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム