最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,296.45 -51.03
日経平均先物(円)
大取,17/12月
20,180 -40

[PR]

為替概況

ロンドン外為20日 円は対ドルで小幅続伸 ポンドは伸び悩み 英29日にEU離脱通知で

2017/3/21 1:34
共有
保存
印刷
その他

【NQNロンドン】20日のロンドン外国為替市場で円相場は小幅続伸。17日の英国時間16時時点と比べて10銭円高・ドル安の1ドル=112円50~60銭で取引された。特に目立った新規の取引材料に乏しく、日中を通して狭いレンジで推移した。今週は米連邦準備理事会(FRB)要人の講演が相次いで予定されており、積極的な取引は手控えられた面もある。

 円の対ユーロ相場は横ばい。前週末比ほぼ横ばいの1ユーロ=121円ちょうど~10銭で取引された。

 ユーロは対ドルで小幅続伸。同16時時点に比べ0.0010ドルユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.0750~60ドルで推移した。フランス大統領選や英国の欧州連合(EU)離脱手続きの発動を控えて積極的に持ち高を傾けにくい基調が続いている。

 英ポンドは対ドルで横ばい。前週末とほぼ同水準の1ポンド=1.2360~70ドル。午前はポンド買い・ドル売りが優勢だったが、メイ英首相が29日に欧州連合(EU)に対し離脱を通知するとの英政府筋の発表をきっかけに、午後にかけてじわじわとポンドを売る動きが出た。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連キーワードで検索

外為市場EUポンドロンドン外国為替市場円高FRB

新着記事一覧

読まれたコラム