2018年7月18日(水)

7/18 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: サッカーの本田選手がVBファンド設立、米俳優W・スミス氏と110億円規模[有料会員限定]
  2. 2位: 米メディアに「トランプ」リスク[有料会員限定]
  3. 3位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  4. 4位: ABCマート、脱スニーカーで目指す成長復活[有料会員限定]
  5. 5位: リーマン危機前夜の日銀議事録 先手打てず

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,697.36 +100.01
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,720 +120

[PR]

為替概況

ロンドン外為10日 円は対ドルで上昇 株安受けたリスク回避で

2017/11/11 1:23
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】10日のロンドン外国為替市場で円相場は上昇した。英国時間16時時点では、9日の同時点と比べて30銭円高・ドル安の1ドル=113円30~40銭だった。

 世界的な株安傾向を背景に投資家のリスク回避姿勢から「低リスク通貨」とされる円買い・ドル売りが優勢だった。午後発表になった米ミシガン大学の11月の消費者態度指数(速報値)が市場予想を下回ったこともドル売り圧力になった。ただ、16時過ぎから急速に円は伸び悩んでいる。

 円の対ユーロ相場は横ばいだった。前日と同水準の1ユーロ=132円10~20銭だった。

 ユーロは対ドルで3日続伸した。同16時時点に比べ0.0040ドルユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1660~70ドルだった。米税制改革を巡る先行き不透明感を意識したユーロ買い・ドル売りが優勢だった。

 英ポンドは対ドルで続伸した。同0.0100ポンド高・ドル安の1ポンド=1.3210~20ドルだった。朝方発表になった英経済指標が改善し、ポンド買いを促した。

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム