2018年8月19日(日)

8/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: テスラ、CEOの告白に広がる不安[有料会員限定]
  2. 2位: 米SEC、四半期開示「見直し」調査認める[有料会員限定]
  3. 3位: インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及[有料会員限定]
  4. 4位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
  5. 5位: 日米で自社株買い増加 株価不安定、米減税も一因[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

為替概況

ロンドン外為9時半 ポンド、対ドルで上昇一服 ユーロ強含み

2018/5/17 17:49
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】17日午前のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで上昇が一服している。9時30分時点は1ポンド=1.3520~30ドルと、前日16時時点と比べ0.0040ドルのポンド高・ドル安だった。英国が欧州連合(EU)に関税同盟に残留する意向を伝えるとの報道を手掛かりとしたポンド買いが一巡。残留に対する離脱派の反発が想定されるとして、上値を追う動きは限られた。

 ユーロ相場は対ドルでやや上げ幅を広げた。英国時間9時30分時点は1ユーロ=1.1810~20ドルと、前日16時時点と比べて0.0030ドルのユーロ高・ドル安だった。前日まで短期間で大幅にユーロ安・ドル高が進んだ反動で、目先の反発を見込んだユーロ買いが入った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム