/

ロンドン外為9時半 ポンド上昇 PMIが予想上回る

【NQNロンドン=椎名遥香】23日午前のロンドン外国為替市場で、英ポンドは対ドルで上昇している。英国時間の9時30分時点は前週末の16時時点に比べ、0.0080ドルのポンド高・ドル安の1ポンド=1.3360~70ドルだった。IHSマークイットが9時30分に発表した11月の購買担当者景気指数(PMI)速報値は、製造業とサービス業を合わせた総合で47.4だった。金融情報会社のリフィニティブがまとめた市場予想の42.5を上回り、ポンド買い・ドル売りを後押しした。

英製薬大手アストラゼネカが23日、英オックスフォード大学と共同開発している新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)で、平均70%の有効性を示したと発表。経済正常化への期待感から投資家が運用リスクを取る姿勢を強め、安全資産とされるドルを売ってポンドを買う動きが広がった面もある。

ユーロも対ドルで上昇。英国時間の9時30分時点は前週末の16時時点と比べ、0.0020ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1870~80ドルだった。新型コロナワクチンの開発が進んだことを受けて欧州株が上昇し、投資家のリスク許容度が高まったとの見方からユーロに対してもドルが売られている。23日発表の11月のユーロ圏総合PMI(速報値)は45.1と市場予想(45.8)を下回ったのが重荷となり、ユーロの上昇は小幅にとどまっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン