/

ロンドン外為9時半 ポンド上昇、「首相の上級顧問辞任」が支え

【NQNロンドン=椎名遥香】13日午前のロンドン外国為替市場で、英ポンドは対ドルで小幅に上昇している。英国時間9時30分時点は1ポンド=1.3150~60ドルと前日16時時点に比べ0.0020ドルのポンド高・ドル安だった。英BBCなど現地メディアは、ジョンソン英首相の上級顧問を務めるカミングス氏が年末までに辞任する見通しだと報じた。カミングス氏は2016年の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票で、離脱陣営の戦略立案を担当したEU離脱の立役者だ。カミングス氏の辞任により、英国のEUに対する姿勢が軟化するとの見方がポンド相場を支えている。

ユーロの対ドル相場は小動きで、英国時間9時30分時点は1ユーロ=1.1810~20ドルと前日16時時点と比べて0.0010ドルのユーロ高・ドル安だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン