2018年5月25日(金)

5/25 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円、急伸はつかの間 「トランプ流」に慣れ[有料会員限定]
  2. 2位: 市場が見透かすトランプ氏の「はったり」[有料会員限定]
  3. 3位: 小野薬品、「オプジーボ頼み」のジレンマ[有料会員限定]
  4. 4位: 三井不動産、今度のジャパンマネーはひと味違う[有料会員限定]
  5. 5位: 東証前引け 小幅反発、米朝交渉継続に期待、円安進捗も後押し

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,450.79 +13.78
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,440 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月25日(金)14:18

官房長官 米朝会談中止「北朝鮮への圧力継続」[映像あり]

ロス商務長官 6月2〜4日に訪中

5月25日(金)13:00

[PR]

為替概況

ロンドン外為9時半 ポンド伸び悩み 3カ月平均の賃金横ばいで

2017/9/13 18:09
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】13日午前のロンドン外国為替市場で、ポンド相場は対ドルで伸び悩んでいる。英国時間9時30分時点では1ポンド=1.3290~3300ドルと、前日の同16時時点と比べて0.0030ドルのポンド高・ドル安だった。英国時間9時30分に英政府統計局が発表した労働指標で、国際労働機関(ILO)基準の失業率は一段と改善し、1975年以来42年ぶりの低水準に並んだ。一方、3カ月平均の伸び率は前回から横ばいだった。物価の上昇で実質賃金は下押しされており、好調な消費活動に及ぼす悪影響への懸念からポンド売りが出て、朝方から急速に上げ幅を縮小した。

 対ユーロでもポンドに売りが出て、前日比同水準まで上げ幅を縮めた。同9時30分時点では1ユーロ=0.9010~20ポンドと前日の同16時時点と同じ水準だった。

 ユーロ相場は対ドルで上げ幅を広げた。英国時間9時30分時点では1ユーロ=1.1980~90ドルと、前日の同16時時点と比べて0.0030ドルのユーロ高・ドル安で推移している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム