10/21 6:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,492.68 +40.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 ±0

[PR]

為替概況

ロンドン外為9時半 ポンド、横ばい圏に戻す 英雇用統計には反応薄

2019/9/10 18:38
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン=椎名遥香】10日午前のロンドン外国為替市場で英ポンドは対ドルで横ばい圏に戻した。朝方は買いが先行したが、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる不透明感が重荷となった。英国時間9時30分時点は1ポンド=1.2330~40ドルと前日16時時点に比べ0.0010ドルのポンド安・ドル高だった。

9時30分発表の5~7月期の英雇用統計では失業率が4~6月期に比べて低下し、週間賃金(ボーナスを含む)は前年同期比の上昇率が市場予想を超えた。ただ、外国為替市場での反応は今のところ限定的となっている。

対円ではアジアの取引時間帯に一時1ポンド=132円71銭近辺と、7月末以来の高値を付けた。ただ、欧州の取引時間帯に入ってからは上値の重い展開となっている。

ユーロの対ドル相場は小動きとなっている。英国時間9時30分時点は1ユーロ=1.1040~50ドルと前日16時時点と比べて0.0010ドルのユーロ安・ドル高だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム