2019年5月22日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,272.45 -29.28
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,250 -60

[PR]

為替概況

ロンドン外為9時半 ユーロ、軟調 1.17ドル台前半 ポンドは下げ渋り

2017/8/10 17:52
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】10日午前のロンドン外国為替市場で、ユーロ相場は対ドルで軟調となっている。英国時間9時30分時点は1ユーロ=1.1720~30ドルと、前日9日の同16時時点と比べ0.0020ドルのユーロ安・ドル高だった。北朝鮮と米国との応酬が続くなか、朝鮮半島情勢の緊迫化でこれまで買い進まれていたユーロの持ち高を手じまうユーロ売り・ドル買いが優勢だった。もっとも、欧州株式市場で主要株価指数は下げ渋っているほか、欧州債利回りは前日比上昇(価格は下落)して推移している。ユーロ売り・ドル買いの勢いは鈍っており、朝方からはほぼ横ばい圏で推移している。

英ポンドは対ドルで下げ渋った。9時30分時点では、1ポンド=1.2965~75ドルと同0.0025ドルのポンド安・ドル高だった。英国時間9時30分に発表の6月の英鉱工業生産は前月比0.5%上昇だった。前年比では、低下の市場予想から一転、0.3%上昇だった。生産活動の底堅さを意識したポンド買い・ドル売りが入り、ポンドは下げ幅を縮めている。

円相場は対ドルで小動き。1ドル=109円90銭~110円00銭ちょうどと前日比同水準だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム