時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

国内株概況

シカゴ日本株先物概況・18日

2019/11/19 7:47
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】18日の日経平均先物は小幅に続伸した。12月物は前週末比30円高の2万3395円で引け、18日の大取終値を5円下回った。好調な米企業業績への期待などを背景に米株高が進み、買いを支えた。米商務省が18日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対して限定的な取引を認める例外措置の90日間延長を決めたことも投資家心理を明るくした。

一方で米メディアが18日、米中貿易協議の合意について中国側には悲観的なムードが強まっていると伝えたため上値は重かった。同報道によると、中国側が合意したと理解していた関税の段階的な撤廃についてトランプ米大統領が約1週間前に実現を否定したためという。市場は20日発表の米連邦公開市場委員会の議事録(10月開催分)に注目している。

この日の12月物高値は2万3495円、安値は2万3270円。

推定売買高は3万3142枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム