シカゴ日本株先物概況・18日

2018/9/19 6:40
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】18日の日経平均先物は大幅上昇した。12月物は前日比650円高の2万3665円で引け、同日の大取終値を385円上回った。米中がお互いに追加関税の発動を発表したが、影響は限定的との見方から米株とともに買われた。円安も支援材料になった。この日の12月物高値は2万3725円、安値は2万2865円。

推定売買高は5万3328枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

【きょうのマーケット関連記事】
米株、脱「貿易戦争」は本物か(NY特急便)
年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場(マーケット反射鏡)
政治の秋、実り育む リスクの先に見える株高(日経ヴェリタスセレクト)
ヤフー、米アルタバからの卒業で広がる投資家の目(記者の目)
エフテック、株安脱却は北米事業がカギ(記者の目)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]