2018年5月25日(金)

5/25 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 市場が見透かすトランプ氏の「はったり」[有料会員限定]
  2. 2位: 三井不動産、今度のジャパンマネーはひと味違う[有料会員限定]
  3. 3位: 米国株、ダウ反落し75ドル安 北朝鮮リスクで市場心理が悪化 長期金利低下は支え
  4. 4位: 小野薬品、「オプジーボ頼み」のジレンマ[有料会員限定]
  5. 5位: NY商品、原油が続落 ロシア・OPECが減産緩和の思惑 金は反発
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,686,133億円
  • 東証2部 99,832億円
  • ジャスダック 113,897億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.35倍 --
株価収益率14.88倍15.32倍
株式益回り6.71%6.52%
配当利回り1.59% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,457.20 +20.19
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,470 +60

[PR]

国内株概況

シカゴ日本株先物概況・16日

2018/5/17 6:33
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】16日の日経平均先物は反発した。6月物は前日比65円高の2万2810円で引け、同日の大取終値を70円上回った。米株の反発につれて上げた。ただ、北朝鮮問題など地政学的リスクへの懸念が強まったうえ、米長期金利が一段と上昇し、上値は重かった。この日の6月物高値は2万2815円、安値は2万2690円。

 推定売買高は2万1200枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連キーワード

新着記事一覧

読まれたコラム