/

シカゴ日本株先物概況・3日

【シカゴ支局】3日の日経平均先物は横ばい。9月物は前日比変わらずの2万1695円で終え、大阪取引所の終値を105円上回った。4日の独立記念日の祝日を控え市場参加者は限られ、持ち高調整目的の動きが中心になった。3日の米株式市場で利下げ期待を背景にダウ工業株30種平均が過去最高値を更新し、相場を押し上げた。高値は2万1700円、安値は2万1530円だった。

推定売買高は2万7908枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)だった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン